2006年07月01日

「デスノート 前編」。大ヒットしてるけど、これはないやろ〜。

「デスノート 前編」観ました。

デスノート1.jpg         デスノート2.jpg


はっきり言って、最悪。

でも、一般的な評価は「良い」とする声が多い。
これが不思議でならない。

スピード感あるストーリー展開、ライトとLが繰り広げる様々な頭脳戦等、数え挙げたらきりが無く、賞賛の言葉しか見当たらないこの原作にどっぷりはまってしまった。

本作は漫画を基につくられた映画である。
原作である漫画がおもしろかったから、映画化もしてみようという話になったはずである。

巷では、
「原作と違うストーリーでよかった。」「緊張感のある展開で、早く後編が観たい。」等、原作ファン、原作を一度でも読んでいる者も納得しているのである。この映画の出来に。

原作物を映画化するときに妥協する部分が当然ある。
しかし、本作品の妥協点は原作の良さをすべて打ち消してしまった。

映画にはオリジナルキャラとして、詩織というライトの恋人が冒頭から当然のように登場する。

映画は、この詩織をキーマンにしてストーリー展開をすることを選択した。
もう、これがすべての誤りである。



この詩織を登場させる事により、原作とは全く違うオリジナルストーリーが展開されることになる。

詩織を登場させることにより、「原作は原作」と製作者は割り切ったんやろな。
もう、あとは要所、要所で詩織が登場し、原作の面白さの1000分の1も表現できないまま、後味の悪さだけを残して前編は終了してしまった。


なんなんや、この出来の悪さ。



続きを読む。 まだまだ言い足らん。
posted by カズ at 09:00| Comment(4) | TrackBack(3) | えいが評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャッキー・チェン、太っ腹。資産の半分を慈善団体に寄付。

ジャッキー・チェンが財産の半分を慈善事業に寄付するらしい。

なんか遺書の作成までしているとか。

レッド・ブロンクス


ジャッキーが設立した慈善事業基金に寄付するもので、総資産は推定10億香港ドル(約150億円)。

この資産の半分を寄付するって、さすがジャッキーやね。

後の半分は、妻と息子が相続するとのこと。

ジャッキーって、妻と子がいたんやね。
全然知らんかった。

それにしても遺書の話がでるなんて、ジャッキーも老けたなあ。

妻子の話や遺書の話、ジャッキーからこういう話は聞きたくなかった。



ジャッキーは私が小さい頃からのヒーローであり、これからもヒーローやから。



にほんブログ村 映画ブログへ ブログランキングバナー.gif  
posted by カズ at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

「ゲド戦記」挿入歌「テルーの唄」のビデオクリップがGyaoで公開中。

今夏話題のアニメ「ゲド戦記」。

 ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック

公開前に話題になっているのが、手嶌葵が唄う

テルーの唄 (ゲド戦記 劇中挿入歌)


これがバックに流れる予告編はかなり感動もんです。
予告だけで、お腹いっぱいって感じ。

あまり期待してなかったけど、今はものすごく観にいきたいですね。


この「テルーの唄」のビデオクリップがGyaoで公開中です。
ぜひ、聞いてみてください。



にほんブログ村 映画ブログへ


ブログランキングバナー.gif


posted by カズ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

全米興行収入 初登場1位はアダム・サンドラー主演「クリック」。

今週のボックスオフィスはアダム・サンドラー主演の「クリック」が初登場で首位。

 クリック.jpg


早送りや巻き戻し、一時停止など人生を自由に操作出来るリモコンを手に入れたサンドラーが騒動を巻き起こすコメディ。


共演はケイト・ベッキンセール、クリストファー・ウォーケン、デビッド・ハッセルホフ。


監督は「ウェディング・シンガー」「ウォーターボーイ」でもサンドラーとコンビを組んだフランク・コラチ。


オープニング成績は約4000万ドルと大ヒット!


予告を観る限り、なんか楽しそうなえいがですね。

アダム・サンドラーは日本ではあまり認知されていないので、このままヒットが続かない限り、日本の公開はもちろん、ヒットは望めないかも・・・。


いつ日本公開かわからへんけど、頭の片隅に残っておれば幸いです。


ウォーターボーイウォーターボーイ
フランク・コラチ アダム・サンドラー キャシー・ベイツ

サタデー・ナイト・ライブ ベスト・オブ アダム・サンドラー 50回目のファースト・キス コレクターズ・エディション アダム・サンドラーはビリー・マジソン/一日一善 ハードロック・ハイジャック おまけつき新尊生活

by G-Tools



 「クリック」公式サイトはコチラ。


映画情報はコチラ → にほんブログ村 映画ブログへ ブログランキングバナー.gif


posted by カズ at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 全米興行収入ベスト10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

7月22日公開「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」 本シリーズにうわさのあの人が出演決定!

かねてから出演のうわさがあったローリング・ストーンズのキース・リチャーズの出演が決定!!

パイレーツ.jpg



「2」への出演は断っていたのは周知のとおりやけど、キース・リチャーズが出演するシーンは「2」には初めからなく、「3」に登場するから、出演に否定的な情報が流れていたらしい。

ジョニー・デップふんするジャック・スパロウの父親もしくは、海賊の親分になるとのこと。

最近手術した頭のケガは、この役づくりのため?
傷をつくって海賊らしくするためやったりして。

第3弾は今年9月にクランク・インし、来夏公開予定。

ちなみに第3弾の大ボスはチョウ・ユンファ。


映画情報がいっぱい。 → にほんブログ村 映画ブログへ







posted by カズ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画先取り情報!!海外の製作情報をお届け。

◎「ダイ・ハード4」の製作遅延の理由が明らかに!

ダイ・ハード (2枚組 プレミアム)


主演のブルース・ウィリスがマクレーン刑事を演じるには太りすぎだっ
たことが原因。

本人も認めているらしい。

製作開始の報があった時は、ダイエットに成功したということやね。

がんばれ、ウィリス!



◎エディ・マーフィーの出世作「ビバリーヒルズコップ」が12年振りに復活。

ビバリーヒルズ・コップ2 スペシャル・コレクターズ・エディション




最近ヒット作に恵まれないエディにとっては、人気回復を狙ったシリーズ
の復活やけど、「3」の時も同じような状況やった気がする。

「3」公開以降の活躍はご存知のとおり。本シリーズからの撤退が必要か も。



◎「シン・シティ」に出演してたブリタニー・マーフィーが、ラーメンを題材にした映画「ザ・ラーメン・ガール」を製作・主演すると発表。

シン・シティ スタンダード・エディション


ラーメン屋で修行する様を描くらしいが、ハリウッドは懐が深い。

ラーメン版「ベストキッド」

パット・モリタのような師匠を演じるのは


西田敏行。


世界にハマちゃんスマイルは通用するか。

釣りバカ日誌 DVD-BOX Vol.5


ラーメンブームがハリウッドに巻き起こるのか。

今年9月にLAで撮影開始。東京ロケもあるらしい。



他の映画情報はコチラ → にほんブログ村 映画ブログへ



posted by カズ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皆様のおかげです。

皆様のおかげで、ブログ村の映画ブログランキングで、1400サイト中14位にランクインしました。

勝手気ままに書いてる本サイトを見て頂けるだけで幸せに思っております。

今後とも「えいがタロー」応援よろしくお願いします。


コメント、TB、気兼ねなく、送信ください。

posted by カズ at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

自分の子供の記憶がなくなったら……。ジュリアン・ムーア主演「フォーガットン」。

本作は見出しにもあるように、子供の記憶がなくなった親の話。

フォーガットン



飛行機事故で行方不明になった子供たちの親は、ジュリアン・ムーアふんする母親以外はみんな子供の記憶を無くしている。


唯一、記憶のあるこの母親は精神を病んでいるといわれ、カウンセリングを受けている。

しかし、妄想ではない、子供が存在していたという確固たる自身がある母親は、ある存在に気付き、子供を取り戻すべく行動を起こす。


というストーリー。
おもしろそうでしょ。


作品自体は、ある存在を俯瞰の映像や風が吹いて木の葉が舞うというような演出で、ある存在を観る者に感じ取らせるところは、今後の展開に向けて、ジワジワと興味がそそられよかったね。


しかし、どうやって子供を取り戻すのか見る者の興味を膨らませといて、ある存在からネタばれしてしまうという、棚からぼたもち的な真相の明かし方はは如何なものか。

ちょっとネタバレあるので、観たいとおもった人は鑑賞後に読んでやあ。
posted by カズ at 09:34| Comment(1) | TrackBack(0) | えいが評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

「デスノート」「M:I:V」観ました。満足度は………かなり低い。

「デスノート」は満足度、かなり低い。

原作ファンには、ある意味衝撃的な作品。
こんなことになるなんて。

「M:I:V」は先々行上映で行ってきました。昼一番の回に行きましたが、かなり入ってましたね。

本作品への期待とトム人気健在ということを見せつけられました。

上映するまでは……。


全体的には楽しませてくれますが、「M:I:V」の看板がなかったら、どうしようもないかも。
感想としては、全米で思うようなヒットを飛ばせなかったことは納得できますね。

トムも次回作は真剣に考えないと、いつまでも現在の位置を維持することは難しいのでは。

こんなことを思わせる内容やったね。


この2作品については、後日「えいが評」にて紹介します。


posted by カズ at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

「M:I:V」本日、特別先行上映!!

IMG.jpgsenkou.jpg


「M:I:V」がやっと観れます。

先行上映といっても、レイトショーのみの場所と朝から普通にやっている場所と映画館によって対応が様々みたい。


私の近くの映画館は13:30からやってます。
これって、公開したことにならんのかな?


まあ、公開日よりいち早く観たい方は、今週、来週末に先行上映やるようなので行ってみてはどうでしょう。


私はというと、丁度、今週末に嫁の親が家に来るので、息子のお守りを頼んで観にいこうと思ってます。


いろんな映画情報はこちら → にほんブログ村 映画ブログへ



posted by カズ at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。