2007年02月08日

「トレーニング・デイ」 デンゼル最高!!

トレーニング デイ 特別版

本作のデンゼル・ワシントンはすばらしい。

本作でアカデミー賞受賞したものも納得。「インサイド・マン」でも刑事役でチョイ悪やってたけど、今回は「超悪」。

デンゼル・ワシントンは、悪役を演じるほうがいいんちゃうかなあ。
どこか善人と思わせる雰囲気があるだけに、悪役を演じている彼は凄味が他の俳優と全然違う。

作品自体も、ストーリーのテンポよく、結構ハラハラ、ドキドキとさせてくれましたね。

欲を言えば、ロジャーを殺した後のイーサン・ホークとの交流をもう少し描いて欲しかった。

デンゼル・ワシントンへの復讐が唐突すぎて、そこに至るまでの感情をもう少し描いていたら、作品賞も獲ってたかも・・・。

何といっても、「こんなデンゼル、初めて黒ハート」と言うぐらい、インパクト大です。

こんなデンゼルをもっと観たいと思うのは、私だけでしょうか?



満足度 ★★★★★5つが満点)


にほんブログ村 映画ブログへ
posted by カズ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | えいが評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33154079
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。