2006年07月11日

長瀬智也主演ドラマ「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」がおもしろい。

このドラマ期待どおりのおもしろさやった。
ストーリはコチラ

ボス.jpg



プリン食べるために空飛んだり、

「そんなばかな!」

という事が結構あるけど、これぐらいやらんとアカンよね。

最近のドラマはリアリティを求めるドラマが多いし、コメディにしてもなんか中途半端。

でも本作は、長瀬の演技でオーバーな演出も丁度よいサジ加減となり、

「そりゃないやろぉ〜。」というよりも、

「よぉ、やった。」とか「がんばれ!」

と自然とドラマに引き込まれる。


次に何やってくれるんだろうと楽しみを持たせてくれるドラマは滅多にない。

授業風景が、昔の記憶を呼び起こし、なんか懐かしいような、トラウマが蘇ったような不思議な感覚で観てたね。

長瀬ふんする主人公は、27歳で高校3年生をやるんやけど、足し算もできない頭で授業についていける訳もなく、毎回授業であてられることにドキドキしている姿がある。

その光景が、10数年前の我が身と重なり、苦い思い出が蘇った。

未だに、朝起きた瞬間、

「今日勉強するの忘れたあ!やばいっ!」

と冷や汗かきながら、目が覚めることがある。32になる男が未だにである。

目が覚めた後、しばらく・・・・ 


勉強していない → 今からするかぁ → でも、間に合わん → ちょっと待てよ、俺今何歳や→ なんや働いてるやん → 勉強せんでええんや → 夢かあ。

と自問自答。夢である事に気づくのに、かなりのドキドキを経験することがたまにある。


ちょっと話がズレましたが、誰もが経験している学園生活を27歳の男が初めて体験する様を通して、なんか懐かしい思いとか、学校に対する思い、様々なある意味「あるある」を感じながら観る事のできるドラマでもある。



韓国映画のリメイクというところが、
マイ・ボス マイ・ヒーロー
マイ・ボス マイ・ヒーローユン・ジェギュン チョン・ジュノ チョン・ウンテク

ジェネオン エンタテインメント 2005-10-21
売り上げランキング : 12063

おすすめ平均 star
starだまされた。
star単純明快,笑える展開です。
starヤクザも学歴社会!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

個人的に気にいらないが、設定を借りただけで、あとは長瀬節のオリジナルが展開されることを期待しつつ、今後の展開を楽しみにしたい。





  
長瀬はいいねえ。 → にほんブログ村 映画ブログへ


数学の先生、元気ですか? → ブログランキングバナー.gif


ぜひぜひ観るべきです。 → エンタメランキング  




posted by カズ at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | えいが日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20602733
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。