2010年04月10日

少年メリケンサック

少年メリケンサック [Blu-ray]
少年メリケンサック [Blu-ray]
VAP,INC(VAP)(D) 2009-08-07
売り上げランキング : 21730

おすすめ平均 star
starあおい新妻がぼくを責める
star宮崎あおい
starOld punks never die

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本作は、先ず役者全員がすばらしい。
ユースケ・サンタマリアも出番は少ないが、これまでで一番役にハマってて、活き活きしていた。
佐藤浩市の演技の幅には驚かされる。三谷作品で弾けたのか、最近3枚目を演じることが多いのでは。でも、それがまた魅力的であり、ベテランながら、観る側も今後を期待してしまう、本当にすばらしい俳優。

まあ、なんといっても宮あおいが良い。篤姫と同時期の撮影とは思えない、このギャップ。篤姫の凛とした演技も良かったけど、本作の現代の女性像も良いですね。本作での演技すべてに無駄がなく、観る側を引き込む魅力を持った希少価値である女優ですね。

 これら俳優人の魅力を引き出したのが、宮藤官九郎。さずがですね。伏線の張り方がすばらしい。現在と過去のつながりを本当に無駄なく展開し、全編に無駄がない。ロードムービーにしているのも、これら展開が無理なく観る側に受け入れられるよう、計算済みか。
 また、中年オヤジのエロ本活用術の超アホネタは、男なら納得。女性陣のみなさん、ご理解を。

 エンディングで流れる「守ってあげたい」は、宮あおい演じるカンナが、少年メリケンサックを見守る心情とマッチしていて、最後の最後まで完璧な作品でした。お見事。

 未見の方は、ぜひ。
 
 
posted by カズ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | えいが評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハート・ロッカー

ハート・ロッカー (2008)

【監督】キャスリン・ビグロー
【出演】ジェレミー・レナー / アンソニー・マッキー / ブライアン・ジェラーティ / レイフ・ファインズ / ガイ・ピアース / デヴィッド・モース / エヴァンジェリン・リリー / クリスチャン・カマルゴ


★★★☆ [70点]「あとで、ジワジワと・・・」

観たのは公開初日、アカデミー賞発表前。

それまで全く興味がなかったが、ノミネート作品ということで映画館へ。



全編を通し緊張感があり、場面転換も、ワンフレーズがダラダラと展開されるのではなく、ある意味淡白に語られるが、実体験しているような錯覚にとらわれ、あっという間の2時間であった。



特にラストは印象深く、主人公の姿に「戦争」が無くならないひとつの理由を示されたような印象を受けました。



撮影賞のノミネートもされていましたが、本作品でひとつ不満なのが、撮影方法。



最近流行のハンディカムの撮影でリアルな感じを出したいのはわかりますが、あんな手ブレを「リアル」というのかな。



今時ホームビデオカメラでも手ブレ機能がすばらしく、あそこまでブレないと思いますが、撮影監督はワザとブラしてるんかな。

まあ、撮影賞はアカデミー賞をとらなかったので、私としては一安心。もしとってたら、手ブレ映画が増えるのではと思ってたので。



手ブレのおかけで、2時間気持ち悪かったのですが、時間が経つに連れ、作品の良さがジワジワと浸透してくる作品。こういう映画は、アカデミー関係なく、良い作品の質ですね。



キャスリン・ビグローはキアヌ・リーブス主演の刑事アクション「ハート・ブルー」がいいですよね。しかも、題名に「ハート」が入ってる。でも「ハート・ブルー」は確か邦題なので、監督はこの共通点を知らないと思いますが。

未見の方はぜひ。





Posted by えいがタロー on 2010/04/10 with ぴあ映画生活


ハートブルー アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]
ハートブルー アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2006-11-02
売り上げランキング : 1926

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ロードハウス/孤独の街 [MGMライオン・キャンペーン] [DVD] ニア・ダーク/月夜の出来事 【ベスト・ライブラリー 1500円:ホラー特集】 [DVD] ビッグ ウェンズデー [DVD] 若き勇者たち [DVD] チェーン・リアクション [DVD]

posted by カズ at 04:05| Comment(14) | TrackBack(1) | えいが評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウォンテッド

ウォンテッドウォンテッド (2006)

【監督】ティムール・ベクマンベトフ
【出演】アンジェリーナ・ジョリー / ジェームズ・マカヴォイ / モーガン・フリーマン / トーマス・クレッチマン / テレンス・スタンプ / コモン


★★★☆ [70点]「アンジェリーナ・ジョリーが男前。」

アンジェリーナ・ジョリー、モーガン・フリーマンが脇を固める本作。



全編を通して、アクションは迫力あるし、ガンアクションは秀逸。



主演のジェームズ・マカヴォイが成長していく様は、ひとりのヒーロー誕生を見ているようで、ワクワクした。主人公のオヤジとの関係はスターウォーズに似た設定は、意図的なのか?



ストーリーも秀逸で、なかなかラストのアンジェリーナ・ジョリーは切ない。この人は、なにを演じても映えますね。今、一番魅力的な女優。

最新作「ソルト」も同じようなアクションものですが、この手の作品好きなんかなあ。

本人は、早く隠居して子供と過ごしたいというニュースもありましたが、まだまだいろいろな作品を観せてくれることを切に願います。


Posted by えいがタロー on 2010/04/10 with ぴあ映画生活
posted by カズ at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | えいが評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。